トップページ >  > パラペンフリーで選ぶ!?「無添加」表記のホントの話

パラペンフリーで選ぶ!?「無添加」表記のホントの話

「無添加」という表記があると、その商品は安全で身体に悪い化学物質すべてが配合されてないと思ってしまいがちですが、実際は「無添加」の表記があるといっても化学物質が入っていることはありますから、100%安全だという保証はありません。


白髪染めにおいても「無添加」を前面に押し出して商品を宣伝しているものが最近は増えてきている状態ですが、購入する際に必ずチェックしなくてはいけないのは、「何が」無添加なのか?というところです。


「何が」無添加なのか?という点は商品ごとに違いがあるからです。

商品名 無添加の内容
利尻ヘアカラー パラベン・香料・鉱物油を不使用
ルプルプ パラペン・香料・着色料・鉱物油・動物性原料を不使用
レフィーネヘッドスパ パラペン・香料を不使用
エフキュア パラベン・香料・法定色素を不使用
くろめヘアカラー パラペン・香料・鉱物油を不使用


代表的な無添加の白髪用ヘアカラートリートメントを並べてみました。


ご覧のように「無添加」といってもこれだけ違いがあります。、ただ共通するのは特に髪と頭皮に影響が強いであろうジアミン系の酸化染料を使っていないということ、パラペンフリー・香料不使用であるということです。


共通して排除してあるジアミン系の酸化染料とパラペン、香料についてですが、以下のような毒性があります。コレを知ると市販のヘアカラーや白髪染めがいかに健康を無視した危険なものであるかわかりますよ。


要チェックジアミン系の酸化染料・・・体質により皮膚アレルギー反応、ショック症状を起こすことがあります。
要チェックパラペン・・・アレルギーなど皮膚障害をおこす恐れがあります。
要チェック香料・・・非常に影響力のあるアレルゲンで、アレルギー反応を引きおこす恐れがあります。


例えばパラペンなどは直接肌を刺激することがなくても経皮吸収によって長期に蓄積していく怖い物質ですから、将来のある日突然、アレルギーの症状がでたり、内臓障害が起こったりする可能性があります。


また、活性酸素を体内に発生させるともいわれているので、肌の老化、身体の老化を促進してしまう影響も考えないといけません。若い頃におしゃれとしてやっていたヘアカラーや頻繁な白髪染めが将来の健康に大きな影響が与えてしまうわけです。


こうした染料や添加物の毒性は徐々に一般にも知られるようになってきていますから、髪や頭皮の健康を考える人を中心に白髪用ヘアカラートリートメントを使用する人が増えてきているのも当然といえば当然なんですね。


代表的な「無添加」と表記されている白髪用ヘアカラートリートメントの無添加の詳細は先に挙げた表のとおりなので、それを踏まえたうえで、トリートメント成分や費用対効果など他の項目も色々と比較して納得したものを選ぶようにしてください。