トップページ >  > 白髪染めで髪が緑色に染まることがあるって本当?

白髪染めで髪が緑色に染まることがあるって本当?

「白髪染めをしたところ髪が緑色になってしまった!」


嘘みたいな話ですが、これって実際の話です。白髪染めを使ったら髪が緑色になってしまった経験のある方は意外にいますし、誰にでも起こりうる話なんです。


たとえば以下の条件がそろったときは気をつけたほうがいいです。


要チェック 市販の白髪染めで染め、染料が残っている状態で通販の白髪染めで染める。
要チェック 通販の白髪染めで染め、染料が残っている状態で市販の白髪染めで染める。
要チェック 通販の白髪染めで染め、染料が残っている状態で美容室で染める。


要するにタイプの違う染料を以前使っていた染料が残っている状態で使うと髪が緑色に染まる可能性がでてくるということです。(昆布の成分で緑色になるとかそういうことはありません。)


具体的には、トリートメントタイプの白髪染めの多くに使われている「HC染料」とブローネやシエロといった市販の白髪染め、美容室での白髪染めに使う髪の内部に色をいれる「酸化染料」などが混ざると化学変化を起こして、緑色に変色してしまうことがまれにあるということです。


(そのため、ほとんどのトリートメントタイプの白髪染めは取り扱い説明書には市販の白髪染め等と併用はしないでくださいと注意書きしてあります。)


特に化学変化が起きやすく緑色に変色しやすいため気をつけないといけないのは、当サイトでも紹介しているサンカラーマックスのような日に当たると髪が染まるタイプの白髪染めです。


このタイプの白髪染めは硝酸銀という成分が酸化すると髪が染まる仕組みになっているんですが、この硝酸銀は、パーマをかければ、パーマ液に含まれるアンモニアと、美容室で白髪染めをすれば、過酸化水素と言うカラーの2剤と反応して緑に染まってしまいます。


パーマもかけない、白髪染めも絶対しないという人ならサンカラーマックスのような日に当たると髪が染まるタイプの白髪染めは、髪にも頭皮にもやさしいですし、髪もしっかり染めることができるのでおすすめなんですが、パーマや普通の白髪染めはできなくなってしまうのでそのことは覚えておいたほうがいいです。


すでに緑色に染まってしまった髪に対しては、カラーを重ねても緑色は抜けないことが多いです。基本的には放置して髪が伸びて生え変わるのを待つしかないんですが、薬局に売っている「日本薬局方アンモニア水」を使うと色が抜けるという話もあります。


ただ、アンモニアというだけあってニオイが強烈ですし、自分一人で自宅でやるのは何かあったときに大変です。ニオイで倒れるかもしれませんし、ご近所さんに迷惑をかけることもあるでしょうし。


ちょっと脅してしまうような内容になってしまいましたが、必ず緑色に変色してしまうわけではないので、あまり神経質にはならないようにしてください。せっかくの良い商品を心配するあまり使えなくなってしまっては本末転倒ですからね。


使用上の注意をよく読んで、しっかりその通りに使えば基本的には問題ありません。