トップページ >  > 白髪染めを長持ちさせて、美容室代を節約するには?

白髪染めを長持ちさせて、美容室代を節約するには?

白髪染めを長持ちさせるということは白髪染めにかかるお金を節約する意味でもすごく重要ですよね。このご時世、どうして毎月の美容室代はカットの対象になりますからなおさらです。


白髪染めを長持ちさせるということについては以下の2つを意識する必要があります。


1、色落ちさせない
2、生え際部分の新しく伸びてくる白髪の対処


「1、色落ちさせない」ことについては、まずはしっかり白髪を染めるということをしないといけません。そしてしっかり染めるということにかんしては、白髪染めトリートメントはどうあがいても白髪用ヘアカラーには勝てませんから白髪用ヘアカラーで染めるようにしましょう。


この際、髪や頭皮が傷むのは我慢します。


そして重要なのは染めた後の手入れです。


弱酸性のアミノ酸系シャンプーを白髪を染めた後は使うようにしてください。できればシャンプー自体をこれを機会にアミノ酸系シャンプーに切り替えてほしいんですが、お気に入りのシャンプーもあると思うので白髪染め後の1週間だけでもアミノ酸系シャンプーに変えて使います。


その理由ですが、白髪用ヘアカラー(酸化染料を使った白髪染め)は髪の毛の内部で化学成分が反応して発色する仕組みになっているわけですが、それが安定化するのにおよそ1週間かかります。


そのため色が定着して安定する前に洗浄力の強い石油系のラウリル硫酸系のシャンプーを使ってしまうと、染料を洗い落としてしまってしまう分、色落ちが早くなってしまうんです。


また、白髪染めはアルカリ性ということもあり、白髪染め後は髪がアルカリ性に傾いてしまいます。本来の髪は弱酸性ですからこの状態が続くのは髪の毛を傷める原因にもなってしまいます。できるだけ早く中和する必要があります。


この中和の役割を果たしてくれるのも弱酸性のアミノ酸系シャンプーなんです。色落ちを防ぐということにかんしては、これまで述べてきたように染めた後の手入れがかなり影響しますから、アミノ酸系シャンプーを使うようにしたほうがいいと思います。


白髪染めを長持ちさせるもう一つのポイント「2、生え際部分の新しく伸びてきた白髪の対処」ですが、しっかり美容室で染めても3週間~1か月もすれば目立ってくる顔の周りや生え際の白髪に困っている人は多いと思います。


「色落ちさせない」ためにしっかり染めれば染めるほど新しく生えてきた白髪との境目が目立つというジレンマもありますし、生え際が目立つからと頻繁に白髪を染めるのも髪と頭皮への負担を考えるとなるべくやりたくないところだと思います。


こんなときに重宝するのが白髪染めトリートメントです。


白髪染めトリートメントは毎日連続して使っても髪や頭皮にダメージを与えないという特徴がありますから、3週間~1か月すると目立ちだす生え際の白髪も気になったらすぐに染めることができるので、髪色を常にキープすることができます。


同じことは白髪用ヘアカラーではできません。


美容室でのカラーの間隔を長くすることができ、トリートメント効果もあって傷んだ髪のケアもできますから、白髪染めを長持ちさせることを考えるとアミノ酸系シャンプーと一緒に白髪染めトリートメントもあると便利だと思います。


実際に、今まで1か月に1度、美容室にいっていたけれど白髪染めトリートメントを使うようになって2か月に1度で済むようになったという人は結構いますから、美容室へいくまでのつなぎとしてうまく活用できると、髪色もきれいなままキープできますし、白髪染めにかかる費用も節約できます。


白髪染めを長持ちさせて、美容室代を節約する方法としてぜひ白髪染めトリートメントを活用してみてください。