トップページ >  > 白髪を染めると白髪が増えるって本当!?

白髪を染めると白髪が増えるって本当!?

「白髪を抜くと白髪が増える!」という話はよく聞くと思うんですが、白髪にまつわる都市伝説には他にも「白髪を染めると白髪が増える!」というものもあるみたいです。


その根拠はこうです。


要チェック 白髪染めの成分で頭皮が傷み、毛根が弱って新しい髪が白髪になる


化学染料はご存知のとおり、強い化学反応を引き起こして髪に色をつけます。その過程で地肌にもダメージを与えてしまうので、メラノサイトの活動が低下してしまい、白髪が増えてしまうというんです。


なるほど、ごもっともな意見だと思います。


ただ、結論からいうと白髪を染めて白髪が増えることはないです。


確かに化学染料はアレルギーを引き起こしたり、頭皮がかぶれてしまったりと髪や頭皮にダメージを与えるものであるのは確かですが白髪は遺伝やホルモン、メラニンの働き不足から起こるものですから、白髪染めが直接の原因になって白髪が増えるということはないんです。


頭皮が傷むことで問題になってくるのは、白髪ではなく抜け毛や薄毛のほうなので注意。


白髪を染めるのはそもそも白髪が増えだして気になるからです。一度白髪になった毛根からは白髪しか生えてきませんから、表向きはきれいに染まっていてもその裏では加齢とともにメラニン色素を作らなくなった毛根がどんどん増えていっているんです。


そして、あるとき白髪を染めるペースを白髪が生えてくるペースが追い抜いて生え際や根元を中心に白髪が目立ちはじめて、白髪が思いのほか増えているということに気づくというわけなんです。


染めている間は気づかなかった白髪に気がつくようになって白髪が増えたと勘違いするというのが「白髪を染めると白髪が増える」という都市伝説の真相ってことですね。


常に髪色を若々しく保ち、キレイにしていたい場合はそれだけ頻繁に白髪染めをする必要があるわけですが、美容室に2週間~1ヶ月ごと通っていてはお金もかかるし、市販の白髪染めでは髪や頭皮へのダメージが心配でとても頻繁には使えません。


となると、髪や頭皮にやさしいトリートメントタイプの白髪染めで気になったところをこまめに染めていったほうが財布への負担も少なく済みますし、何より頻繁に使えるので髪色もきれいに保てます。


ある年齢になれば白髪は避けられないものですから、費用対効果が高いトリートメントタイプの白髪染めを活用して白髪を目立たせない方法を考えたほうがいいと思います。